ビルトインコンロの周りで水漏れ発生!原因と対処法は?


コンロ3

キッチンで水漏れが起きる可能性はどの家庭にもあります。稀にビルトインコンロの周りで水漏れが起きて驚く人もいますが、水漏れの原因は細かくみると様々あり、やる気があれば自分で対処することも不可能ではありません。

この記事では原因と対処法を紹介します。自分で挑戦してみても良いですし、応急処置を施してから業者に修理を依頼しても良いでしょう。

水漏れが発生したらすぐに行うこと

キッチンの床やシンク下が濡れていたら焦りますよね。水溜りがどんどん大きくなっていくようなら、被害が大きくなってしまいます。まずは急いで止水栓を止めましょう。止水栓は給水管と給水器具の間に設置された水栓のことで、シンク下にあるはずです。

マイナスドライバーで右に回すと止まります。見当たらない場合は、元栓を閉めましょう。元栓の場所は水道メーター近くに設置されていることが多く、マンションの場合はパイプシャフトの中かその付近を探してみると見つかるはずです。

一戸建ての場合は、水道メーターボックスの付近を探してみましょう。

ビルトインコンロの周りから水漏れしている場合

ビルトインコンロ自体が水道につながっているわけではないため、シンクの方から水が伝っているなどの原因が考えられます。素人で原因を特定することは難しいですから、水道を止めてから水道修理業者に依頼するのが最適な方法です。

ですが、明らかに原因がわかっている場合は自身で対処しても良いでしょう。

モデルチェンジしたビルトインコンロのある生活

排水溝や排水管の接続部分が緩んでいるときの対処法

まず確認して欲しいのが、トラップと呼ばれる排水口と排水管の接続部分です。シンク下を覗くと見えますが、通常ネジ式となっており、稀に緩んで水漏れが起こることがあります。しっかりと閉めてみても解決しないようであれば、パーツの劣化や他の原因を疑いましょう。

排水管などが塩ビ管の場合、温度変化などにより伸縮することがあります。伸縮が何度も起こることで、ネジ部分が緩んでしまうのです。劣化が原因の場合は業者に頼んで交換してもらうことをおすすめします。

排水口のパッキンが劣化した場合の対処法

水漏れの原因で最も多いのがパッキンの劣化だと言われています。排水口と排水ホースの接続部分にもパッキンが使われており、これが劣化すると隙間から水が漏れてしまいます。パッキンはゴム製ですから、経年劣化により亀裂が入ったり裂けたりするのは自然なことです。

キッチンを設置してから10年経過していれば、パッキンの劣化を疑いましょう。排水口と排水ホースの接続部は回せば取れるため、パッキンの交換は特別難しいことではありません。パッキンは大きさ次第ではあるものの、基本的にホームセンターで入手できます。

トラップに溜まっている水を掻き出して、周囲が濡れないように養生してから作業を行いましょう。

排水ホースが劣化している場合の対処法

シンク下にある排水ホースに穴が開いたり亀裂が入ったりして、水漏れが発生することも珍しくありません。シンク下は収納としても使う空間で、排水ホースはむき出しになっていることが多いため、調理器具などがぶつかって破損してしまうことがあります。

排水ホースの破損部分が目に見えるようなら、防水補修テープを使って補修することも可能です。多くは蛇腹ホースですから、しっかりと密着するように貼りましょう。ですが、これは応急処置と考えて、排水ホースを交換した方が安心です。

シンクの隙間から水漏れしている場合の対処法

キッチンの天板とシンクが一体化していない場合は、その隙間から下に水漏れすることもあります。原因は隙間に注入されていたコーキング剤の劣化だと考えられます。古いコーキング剤を剥がして、新たに注入すると良いでしょう。

自分で行えない場合は水道業者に依頼するか、あるいはリフォーム工事を請け負う業者に依頼するのも一つの方法です。

蛇口のパッキンが劣化している場合の対処法

シンク下に異常が見られない場合は、給水部分を疑いましょう。蛇口にもパッキンが入っているので確認することをおすすめします。蛇口の形状は家庭によって多種多様ですから、説明書を見るなどして解体します。パッキンに異常があってもなくても、これを機に交換しておくと安心でしょう。

また、蛇口が古くなっているなら、新しいものに丸ごと交換するのも一つの方法です。

給水管が破損している場合の対処法

給水管に銅管が使用されている場合、ピンホールが起こり、水漏れにつながることがあります。

ピンホールとは、銅管の一部に腐食が起こったことによる小さな穴です。水道水が小さな穴から吹き出てくるため、多くの水が漏れます。

これが起こると素人の手に負える問題ではなくなります。銅管を交換することになりますが、1ヵ所で起こると連続して起こるので、全ての水道管を他の素材に交換した方が経済的と言われています。

信頼できる水道修理業者の選び方

住んでいる市区町村が指定している水道修理業者の中から選ぶと安心です。水道局のホームページにアクセスすれば、住まいの近くで営業している業者が見つかるでしょう。

指定業者は水道局指定免許を持っており、不正な工事を行う可能性が低くなります。水漏れが起こると焦ってすぐに修理して欲しいという気持ちになるかもしれませんが、驚くような料金になることもあるため、見積もりはしっかり取りましょう。

その際は、見積もり無料サービスを実施している水道修理業者が望ましいです。水道修理業者は見積もりを作成する前に現状を見なければ、正確な料金を計算することはできません。現状を確認し、必要な部品や材料などを想定することが必要です。

こうした作業は人件費や交通費などがかかるので普通は料金が発生しますが、無料にしているということは企業努力の姿勢が伺えます。口コミサイトなどの評価を参考にするのも一つの方法ですが、完全には信用できないということを念頭に起きましょう。

立ち上げたばかりのサイトなどで口コミの数を増やすために、サクラが使われることもあるからです。ポストにチラシが入っていたり、CMで宣伝していたりする水道業者は親近感が湧くので依頼しやすいかもしれません。それでも、念のためにホームページの会社概要を見て実態を確認しましょう。

会社の固定電話番号がしっかりと記載されていれば、その地に根を下ろして営業していることが伺えます。フリーダイヤルのみ記載されている場合は実態のない会社の可能性があるため、注意が必要です。また、極端に安い料金を掲げている水道業者もいますが、実際は人件費や作業費など様々なオプション料金が加算されて請求されることが多いです。

安い料金は最低料金の場合と理解してから見積もりを依頼すると、金銭トラブルを防げるでしょう。